視力が悪い人でもシュノーケリングを楽しめる?

シュノーケルとは、海面を泳ぐ事が目的ではなく、海面を泳ぐ事で、浅瀬にいる熱帯魚や珊瑚などの海の中の美しい絶景を見る事が目的ですよね。
しかしシュノーケルの水中マスクをつけるため、メガネをかける事が出来ません。
では視力が悪い人は、シュノーケリングを楽しむ事が出来ないのでしょうか?

実は水中の中の方が視力はアップする

実はあまり知られていませんが、普段メガネをかけている人でも、水中の中なら視力矯正しなくても見えます。
なぜかというと、水中では、水がレンズの役割を兼ねているため、地上よりも水中の方が視力がアップするからです。
約1.25倍見えるようになると言われていますから、視力が0.2以上の人ならシュノーケリングは裸眼に水中マスクで需分熱帯魚や珊瑚を鑑賞する事が出来るでしょう。

それにシュノーケリングでは、遠くの熱帯魚を眺める訳ではありません。
触れるぐらい近くに接近する事が出来るので、近くのものが視えれば、問題ないと考えておきましょう。

水中でも視力矯正は可能

先ほど視力を矯正しなくても、水の中では視力がよく見えるようになると紹介しました。
しかし視力が0.1以下しかない場合は、水の力だけでは少し難しいかもしれません。

では視力が凄く悪い人でも、シュノーケリングが出来るように水中での視力矯正の方法を紹介します。
コンタクトレンズの場合は、使い捨てコンタクトを用意して、水中マスクをつけて下さい。
ただし水中マスクの中に水が入ってくる可能性はあり、水が入ってしまうと、使い捨てコンタクトはダメになってしまうので、予備をいくつか準備しておく事をオススメします。

また体質的にコンタクトが苦手だという人もいますよね。
メガネの場合は、度付きの水中マスクを使用するといいでしょう。
ただし、度付きの水中マスクは、全てのツアーで用意している訳ではありません。

そのためツアーを申込みする前に、度付きの水中マスクのレンタルが可能かどうか確認するようにして下さい。

関連する記事