泳げなくてもシュノーケリングが出来る理由とマスターしておく事

シュノーケリングは、子供からお年寄りまで楽しむ事が可能なマリンスポーツです。
しかしながら海に入る訳ですから、泳げない人にとっては、大丈夫かなと不安に思う人もいるでしょう。
ですが泳げなくてもシュノーケリングの装備をつければ、何も問題はありません。
では泳げない人でも安心してシュノーケリングを楽しむ事が出来る理由について紹介します。

装備をつければ泳げなくても大丈夫

まずシュノーケリングの基本的な装備は、水中マスク、シュノーケル、フィン、ウエットスーツ、ライフジャケットとなります。
これらの装備は全てツアーに申込みすれば、貸してくれます。

泳げない人にとって、海の中で何が怖いのかといえば、身体が沈んでしまう事かもしれません。
ですがシュノーケリングの場合は、ウエットスーツとライフジャケットを着ているので、何もしなくても自然と身体が海面に浮くようになっています。

そして泳げない人にとって、海の中で呼吸が出来ない事も、不安要素かもしれません。
でもシュノーケリングなら、シュノーケルを口にくわえている状態なので、海中に浮きながら自由に呼吸をする事が出来ます。

あと泳げない人は、水の中で目を開ける事が苦手かもしれません。
ですがシュノーケリングなら、水中マスクが目を守ってくれます。
バタ足も苦手で前に進まなかったらどうしよう、そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
でも足にフィンをつける事で、脚を動かすと自然と前に進む事が出来ます。

つまり泳げない不安要素は全て、シュノーケリングの装備がカバーしてくれるので、泳げなくてもシュノーケリングを楽しむ事は十分に可能だという事です。

水が入っても慌てない事が重要

泳げない人に特に注意をして欲しい事が、水中マスクやシュノーケルに水が入ってしまう事です。
水が入ってしまうと、目に水が入ったり、口に水が入ってパニックになってしまうかもしれません。
ですがここで慌ててしまうと、溺れる原因となってしまいます。

水中マスクに水が入ったら、マスククリアと呼ばれるマスクに入った海水を出す方法があります。
同じくシュノーケルに水が入ったら、シュノーケルから水を出す方法があります。
慌てずに、その方法を実践すれば、元の状態に戻れる訳です。
泳げない人ほど、事前にマスククリアとシュノーケルクリアの練習をしてマスターしておく事をオススメします。

関連する記事