沖縄のシュノーケリングはどの季節がオススメ?

沖縄でシュノーケリングをするなら、季節は夏だと思っている人が多いかもしれません。
確かに夏休みに合わせて沖縄に訪れる人がたくさん存在しています。
ですが、沖縄は亜熱帯気候で、1年を通じて水温が高いため、夏以外でもシュノーケリングを楽しむ事が可能です。
ではどの季節にシュノーケリングをするのがオススメなのか紹介します。

春のシュノーケリング事情

まず沖縄の3月は、水温は20℃近くまで上がります。
天気がいい日であれば、Tシャツ1枚で海に入っても、もう寒さは感じません。
実は沖縄では、夏よりも春の方がシュノーケリングシーズンに最適だと言えるかもしれません。

なぜかというと、まず夏の沖縄は混雑しますし、航空券代や宿泊料金も高額になるため旅費がかかってしまいます。
さらに沖縄の夏の強い日差しは、念入りに紫外線対策をしないと肌や髪が日焼けしてしまいます。
なので美容を気にする女性の場合は、夏を避けて春や秋に訪れる方が、旅費も安くて日射しを気にせずにシュノーケリングを楽しむ事が出来るでしょう。

夏のシュノーケリング事情

夏の沖縄は水温は25~28℃と非常に高くなります。
そのため紫外線対策と、暑さ対策はしっかり行う必要があります。
ですが夏が1番沖縄らしい雰囲気を楽しめる事も事実です。

ただし沖縄は本土と比べて、台風シーズンが早くやってきます。
そのため夏の真っただ中の7月は台風シーズンでもあるので、旅行日程が台風に当たってしまうと、残念ながらシュノーケリングを楽しむ事が出来なくなってしまいます。

秋のシュノーケリング事情

秋になると、暑さのピークも過ぎて、朝夕は特に快適に過ごせるようになってきます。
気温的な条件を考慮すると、やはりシュノーケリングは春か秋が最適だと言えます。

冬のシュノーケリング事情

実は沖縄の海では、冬でもシュノーケリングをする事が可能です。
1年を通じてシュノーケリングが楽しめるのは魅力的ですが、水温は24℃程度ですが風が冷たくなっています。
そのため長時間海に入る事は避け、シーカヤックなど海に入らない時間を設ける事がポイントだと言えます。

沖縄の海は季節によって、生息する生き物の種類が変わります。
そのため夏と冬とでは、全く違う景色を見せてくれるのも、沖縄のシュノーケリングの醍醐味だと言えるのではないでしょうか?

関連する記事