シュノーケリングをする時も可愛くしていたい

シュノーケリングは海に入るので、当然濡れてしまいます。
男性はあまり気にならないかもしれませんが、女性はメイクやヘアスタイルが気になってしまいますよね。
恋人との沖縄旅行であれば、尚更です。
シュノーケリングをしている最中も、可愛くを目指すには一体どうすればいいのでしょうか?

シュノーケリングの際のメイクは?

まずシュノーケリングの際のメイクは、普段と同じメイクのままではいけません。
普段のメイクだと海に顔をつけるため、メイクが落ちてしまいます。
さらにそのメイクが落ちる事で、せっかく透明度が高いキレイな海が汚れる原因となってしまいます。

ですがかといって、スッピンで過ごす事も勇気がいりますよね。
そんな人にオススメしたいのが、ウォータープルーフタイプの肌色の日焼け止めクリームです。
沖縄は日射しが強く、また海の水が光に反射するので、必ず紫外線対策をしておく必要があります。

なので水に強いタイプの日焼け止めクリームで、尚且つそれが肌色タイプであれば、ファンデーションの代わりとなります。日焼け止めクリームを塗る時の注意点としては、マスクが当たる部分に塗ってしまうと、クリームの油分でマスクがズレやすくなります。マスクがズレると中に水が入ってくるので、マスクが当たる部分は極力塗らないようにしましょう。

また口もシュノーケルをくわえるので、口紅やグロスを塗っても落ちてしまいます。
あとアイメイクに関してですが、マスカラやつけまつげはしない事をオススメします。
先ほども言いましたが、水中マスクの中に水が入る事はよくある事です。

アイメイクをしていると、メイクが落ちて目が痛くなってしまったり、目の周りが真っ黒になるなどスッピンよりもひどい状態になってしまいます。

そのためシュノーケリングの際のメイクは、水に強い肌色タイプの日焼け止めクリーム程度で、控えめにしておいた方がいいと言えます。

シュノーケリングの際のヘアスタイルは?

ではメイクの次は、ヘアスタイルです。
ヘアスタイルは、髪が長い人は必ず髪をまとめましょう。
海水に塗れると、ほどけやすくなるため、ほどけないようにしっかりとゴムを結ぶのがポイントです。

そのためシュシュなどはオススメ出来ず、シンプルな黒ゴムがオススメです。
あとは、1つにくくるだけでは、水中で髪がバサバサになってしまうので、お団子にしたり、編み込んでまとめるとヘアスタイルが水に濡れても崩れにくくなるでしょう。

関連する記事